2008年12月23日

マビ日記

ネア湖釣り話。 
 
釣りしてる人にはおなじみですが、セッティングというものがあります。
釣りは釣果をどんどんインベに入れて、溢れたモノは釣り上げた瞬間に足元に落ちます。
こぼしたアイテムは内部価格により消えるまでの時間が決まっていて、
高価なモノはいいんですが内部価格が安く、貴重なものは・・・

それを回避するために、大きなモノをふるい落とすようにしておくのがセッティングです。

mabinogi_2008_12_22_001.jpg

現時点(クリスマスイベント期間内)のネア湖ならこうですかねー。
錬金術スーツは別にいいですけどw
ネア湖の釣果はたいしたものがないのでトビウオ&虹マスの魚類・大きめの
アイテム(プレゼント品など)の落としの為に縦1列に矢を配置。
子供たちの願いもバカみたいに釣れるので、最初矢を配置しておいて10個ほど釣れたらそれを分けて縦に。
あと、真珠やポーション類を細かく振っておけば完成。

これでふるい落とせないのは木の棒・太い棒・銀鮒・クエスク・本・空きビン・
怪しい通行書あたりですねー。

そこそこ釣れる万能鍋やラウンド盾は長時間残るので平気ですしね。

ただ、ネア湖はいずれ来るアレのためか岸での判定がいろいろおかしく、

mabinogi_2008_12_22_002.jpg

一見あんほりさんの足元にはゴミだけですが

mabinogi_2008_12_22_003.jpg

ラウンド盾が地面に深く潜ってることも。
Altで確認しましょうw


そーいや

mabinogi_2008_12_21_004.jpg

影ミッション掲示板って触ったことないんですよねぇ・・・w
そりゃC3実装してからレベル30→35にしかなってないわ。
posted by あんほり at 05:46| Comment(0) | マビノギ・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。