2005年01月19日

ギース・ハワード攻略その1

ピンポイント攻略なのはわかってはいるが、自分用メモってことで。

まず十平衛・キム・チン・アンディ・舞の5人。
烈風→弱烈風拳、ダブル→ダブル烈風拳 上段→上段当て身 中段→中段当て身

●山田十平衛
開始直後、1歩前に歩いてしゃがみDキャンセル烈風。
するとガード・ライン逃げのどちらかが大半なのでガードなら烈風連打、ライン逃げなら十平衛と重なるぐらいの位置まで移動し、レバーのみライン移動で追いかけて真空投げの後、烈風連打に。これの繰り返しで余裕のハズ。

当て身は諦めるのが普通だが、しゃがみD→烈風連打の際、ジャンプAで飛んでくることがあるのでそれを。

●キム・カッファン
開始後、連打にならない程度でしゃがみBで誘うとジャンプ→飛翔脚が来るので上段当て身。その後、画面端??端より少し近いぐらいの間合い(ステージ端でない限り、当て身後の間合いが最適)で中段を出すと、歩いてくるか半月斬が来るので、歩きならしゃがみDで転がし、半月斬なら上段で取って以下繰り返し。
コツは当て身の後、レバーのみ入力しておいて半月斬を確認してからボタンを押そう。

かなり難度が高いがキムを端に追い詰めたり、逆に追い詰められたりしてる際にしゃがみBorDで飛燕斬を誘えるのでしゃがみBorD→上段とやると取れる「場合もある」。
さすがに見てから鳳凰脚は間に合わないが、レイジングをHITさせない間合いで立ちガードをさせると誘える。バクチであるが、しゃがみD(足先を当てる)キャンセルレイジングの後、上段で取れる。

●チン・シンザン
ジャンプBで飛び込むとHIT・ガード・ライン逃げのいずれかのハズ。
ライン逃げなら戻ってくるのを待って、再度飛び込む。
HIT・ガードはその後しゃがみBx2??3の後中段を出す。その後はつぶされる・大太鼓腹打ち・中段成立のいずれか。
つぶされた場合でも再度中段を出せば取れる場合もある。
大太鼓腹打ちは弱なら上段が間に合う。強なら喰らうが相手の着地にしゃがみDを置いておこう。
で、当て身が成立したらこちらもバックダッシュして、ダブルを起き上がりに重ねておく。
すると、強大太鼓腹打・ガード後、強破岩撃が来るので、太鼓なら上段、破岩撃なら前に少し歩いて真空投げを決めよう。

●アンディ・ボガード
開始前からDボタン連打。飛翔拳ならつぶせるし、ガード・ライン逃げなら問題ない。
ガードならその状態から、ラインで逃げたらBで追いかけてしゃがみB連打。間合いにもよるが、アンディはジャンプ弱で飛び込んでくる・昇龍弾・ライン逃げのいずれか。
ライン逃げなら前述の繰り返し。ジャンプ攻撃なら当て身やガード後、レバーC投げ。昇龍弾も投げる。
で、無事投げれたら1??2歩前進→中段→上段と出すと斬影拳が来るので当て身成立。以下繰り返し。

昇龍弾をどうしても当て身で取りたいなら、ダウンさせて起き上がりに密着し、しゃがみDを置いてくと誘えるので、起き上がりにしゃがみD→上段で取れる。

空破弾はスタート時の間合いでレバーのみ入力して様子をみているとたまにやってくる。
赤ゲージなら超裂破弾が来るので「超!」と聞こえたらすぐ上段を出せば取れる。

●不知火舞
離れた間合いでジャンプBで飛び込むとHIT・ガード・ライン逃げ
・バックダッシュ→花蝶扇のいずれか。
ライン逃げ・バックダッシュ→花蝶扇は仕切りなおし、HIT・ガードならしゃがみBx2(遠めから飛び込んだりして2回目がスカりそうなら1回で)→立ちD(雷光回し蹴り)で接近し、1テンポおいて真空投げを決める。以下繰り返し。
舞が赤ゲージだと立ちDの後に龍炎舞を出す確率が高いので上段も可能。

投げるなどで間合いが離れた際に起き上がりにダブルを重ねておくと、ムササビの舞が来ることがあるので上段で。
必殺忍蜂は舞の近くから逃げジャンプ攻撃を出すとやってくるので着地即上段で。
posted by あんほり at 00:00| Comment(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。