2005年03月10日

モリガン即死コンボ

セガサターン限定版だからPS2でできるかわからんけど、自分用メモってことで。
※自分と分身がそれぞれ画面端、敵が画面中央の位置で
アストラルヴィジョン→弱ソウルフィスト→空中D中パンチ→シェルキック→立ち弱キック→
しゃがみ弱キック→立ち中パンチ→立ち中キック→立ち強パンチ→立ち強キック→
キャンセルダークネスイリュージョン

シェルキック後に立ち強パンチ→ESソウルフィスト→ES追い討ち
でも即死のようですだ。

他には

空中D中パンチ→シェルキック→ESシャドウブレイド

とか

※自分がステージ端、相手は画面中央より1??2キャラ離れた位置
中バルキリーターン→昇りジャンプ小キック→空中弱パンチ→空中中パンチ→シェルキック→立ち弱パンチ→キャンセルダークネスイリュージョン→ES追い討ち
(空中コンボは極力遅めに繋ぐ)

どれもできなかったからなー・・・(;´д`)
posted by あんほり at 00:00| Comment(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

ギース・ハワード攻略番外

補足などなど。
一応、キャラによっては相手の起き上がりに密着して上段出せば、反撃してくるので中段で取れる。

レイジングに関しては当て方は様々。
簡単なのはしゃがみDキャンセルレイジングで相手が届いてない位置で立ちガードさせる。次に何か動いてくる(大半は突進系必殺技)のでそこに2発目を置いておくと当る。

やりやすいのはビッグ・ベア。当て身パターン中に挑発して「レディー」が聞こえたらレイジング。タイミング次第では完全に勝てるし、悪くても相打ち。

龍虎乱舞すら一方的に勝てるので頑張ってみよう。
posted by あんほり at 00:15| Comment(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギース・ハワード攻略その3

最後は三闘士+BOSS。
●ビリー・カーン
しゃがみDでバックダッシュを誘い、画面端??端になったら挑発。
すると立ちBで近寄ってくるので中段。以下繰り返し。
または一度ダウンさせ、起き上がりにダブルを置いておくと強襲飛翔棍が誘えるので、ビリーが上昇するスピードで弱か強かを見極めて、上段のタイミングを計ろう。
烈風連打モードでいると、1・2発目ガード、3くらって4で飛び込んでくるのでしゃがみDを置いておくとダウンさせれるので、繰り返し。これが一番早い。

●アクセル・ホーク
キレイなパターンがある。
まずバックジャンプするとトルネードアッパーが来るのでジャンプ頂点あたりで弱疾風。
すると2発目のトルネードアッパーを相殺するか、ガードするので着地で烈風。すると飛び込んでくるのでしゃがみDを当てる。
その後、ダブルを重ねるとバックダッシュするが、喰らうので烈風を追加、また飛び込んでくるのでしゃがみD→ダブル。これで気絶する。そしたらライン飛ばし→電流ロープで戻ってきたらアクセルの体力はゼロになっているので、疾風でも置いておいてあげよう。

パターンが崩れたらしゃがみDキャンセル烈風で間合いを離し、烈風で飛ばせて、距離に合わせて上段orしゃがみD。

赤ゲージで端??端でふらふらしてるとアクセルラッシュが来るので上段で。コツは様子見の時からレバーのみ入力しておく。

●ローレンス・ブラッド
勝つだけなら開始後ジャンプBで飛び込み、しゃがみBx3→しゃがみDで押して行き、画面端で立ちB連打。少しずつ離れてしまうので、レバーを前に入れながら、ポンポンとボタンを押す感じで。
同じように画面端に追い詰めたら背景の牛が出てくる扉のあたりから烈風連打でも可。ただコマンド入力の関係上、前に進むので注意。あまり近いと立ちDなどをもらう。

いちおうしゃがみDキャンセル中段でブラッディスピン・ブラッディカッターを誘えるが、低確率。

●ギース・ハワード
当て身はこちらのダウン中に密着して技連打しているなら起き上がり中段を狙える。後は別ラインからギースが転がって来た場合に立ちDで接近してくるので中段。
普段なら高めのライン攻撃を当て身程度でやめておきましょう。

●ヴォルフガング・クラウザー
開始直後、1歩だけ歩いてしゃがみD。上ブリッツボールをくぐれるはず。基本はしゃがみD→中段でレッグトマホークを誘い、上段。これでハマる。安全に行くならしゃがみD連打でライン逃げしたらすぐBで追い、しゃがみD。

●リョウ・サカザキ
別ラインで待ち、高いライン攻撃を上段で取る。
その後、離れて中段で飛燕疾風脚が誘えるが大半は虎煌拳。
赤ゲージなら龍虎乱舞が来ることもあるので注意。
また、一度当て身で投げたら1テンポ置いて立ちDでリョウの近くに接近、即中段でビルドアッパーを誘えるので上段。
暫烈拳はさすがに当て身できるパターン発見できず・・・
posted by あんほり at 00:10| Comment(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギース・ハワード攻略その2

ダック・テリー・ベア・東・タンの5キャラ。
●ダック・キング
まずライン逃げ。そしてダックの高いライン攻撃を上段で。
その後、中段を出すとヘッドスピンアタック・ジャンプ→スライディングのどちらか。
ヘッドスピンアタックは上段で取り、ジャンプ→スライディングならガード後、投げ。

ブレイクストームはアンディと同じく起き上がりにしゃがみDで誘える。
ビートラッシュは相手の起き上がりに密着して中段or開始時ぐらいの間合いでおもむろに中段を出すと誘える。
ダンシングダイブはしゃがみD(足先)キャンセル中段で。
どれも低確率なので期待薄。

●テリー・ボガード
烈風連打で押すとジャンプBで飛び込んでくる・ライン逃げが大半。
ライン逃げならすぐBで追いかけ、しゃがみBx2→しゃがみDキャンセル烈風で連打モードに。
連打モード中にジャンプBが来たら上段で取って連打モードに。
ジャンプBをガードするとその後はしゃがみDかバックダッシュ→弱バーンナックルのいずれか。
しゃがみDなら仕切りなおし、ナックルは上段で。ナックルを喰らうと強クラックが来ることもあるので、クラックを狙うならそれで。
画面端??端でテリーの起き上がり寸前に中段を出すと強ナックルが来るのでそれでパターン化できる。
ライジングタックルは起き上がりにしゃがみDを重ねておけば誘える。

●ビッグ・ベア
離れて立ちAor挑発を出すとジャンプ弱で飛び込んでくるので当て身、それだけ。
ジャイアント・ボムが来る場合もあるので上段で。
同じタイミングでスーパードロップキックが来る場合もあるが、タイミングは一緒なので取れる。

●ジョー・東
開始後、1歩歩いてしゃがみD。転んだら足先を当てるように起き上がりにしゃがみDを置いておくとハマる。
スラッシュキックはバックジャンプCなどで。
爆裂拳は相手の起き上がりに爆裂拳が届くかな?ぐらいの間合いで中段で。
タイガーキックは烈風とハリケンアッパーの打ち合い時などで、「ハリケンアッパーと同時」ぐらいに空ジャンプで相手の目の前に飛び込むと出してくるのでそこを。

●タン・フー・ルー
開始後すぐしゃがみD連打、するとジャンプ攻撃が来るので当て身。
で、中段で箭疾歩を誘い、上段で。以下繰り返し。
ライン逃げやダウンさせられても、しゃがみDで誘い直し可能。

旋風剛拳はモーションがわかりやすいので当て身しやすいハズ。
狙い目は箭疾歩を喰らい、こちらがダウンするとほぼ重ねて来る時か。
激放はカンベンシテクダサイ。
posted by あんほり at 00:05| Comment(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギース・ハワード攻略その1

ピンポイント攻略なのはわかってはいるが、自分用メモってことで。

まず十平衛・キム・チン・アンディ・舞の5人。
烈風→弱烈風拳、ダブル→ダブル烈風拳 上段→上段当て身 中段→中段当て身

●山田十平衛
開始直後、1歩前に歩いてしゃがみDキャンセル烈風。
するとガード・ライン逃げのどちらかが大半なのでガードなら烈風連打、ライン逃げなら十平衛と重なるぐらいの位置まで移動し、レバーのみライン移動で追いかけて真空投げの後、烈風連打に。これの繰り返しで余裕のハズ。

当て身は諦めるのが普通だが、しゃがみD→烈風連打の際、ジャンプAで飛んでくることがあるのでそれを。

●キム・カッファン
開始後、連打にならない程度でしゃがみBで誘うとジャンプ→飛翔脚が来るので上段当て身。その後、画面端??端より少し近いぐらいの間合い(ステージ端でない限り、当て身後の間合いが最適)で中段を出すと、歩いてくるか半月斬が来るので、歩きならしゃがみDで転がし、半月斬なら上段で取って以下繰り返し。
コツは当て身の後、レバーのみ入力しておいて半月斬を確認してからボタンを押そう。

かなり難度が高いがキムを端に追い詰めたり、逆に追い詰められたりしてる際にしゃがみBorDで飛燕斬を誘えるのでしゃがみBorD→上段とやると取れる「場合もある」。
さすがに見てから鳳凰脚は間に合わないが、レイジングをHITさせない間合いで立ちガードをさせると誘える。バクチであるが、しゃがみD(足先を当てる)キャンセルレイジングの後、上段で取れる。

●チン・シンザン
ジャンプBで飛び込むとHIT・ガード・ライン逃げのいずれかのハズ。
ライン逃げなら戻ってくるのを待って、再度飛び込む。
HIT・ガードはその後しゃがみBx2??3の後中段を出す。その後はつぶされる・大太鼓腹打ち・中段成立のいずれか。
つぶされた場合でも再度中段を出せば取れる場合もある。
大太鼓腹打ちは弱なら上段が間に合う。強なら喰らうが相手の着地にしゃがみDを置いておこう。
で、当て身が成立したらこちらもバックダッシュして、ダブルを起き上がりに重ねておく。
すると、強大太鼓腹打・ガード後、強破岩撃が来るので、太鼓なら上段、破岩撃なら前に少し歩いて真空投げを決めよう。

●アンディ・ボガード
開始前からDボタン連打。飛翔拳ならつぶせるし、ガード・ライン逃げなら問題ない。
ガードならその状態から、ラインで逃げたらBで追いかけてしゃがみB連打。間合いにもよるが、アンディはジャンプ弱で飛び込んでくる・昇龍弾・ライン逃げのいずれか。
ライン逃げなら前述の繰り返し。ジャンプ攻撃なら当て身やガード後、レバーC投げ。昇龍弾も投げる。
で、無事投げれたら1??2歩前進→中段→上段と出すと斬影拳が来るので当て身成立。以下繰り返し。

昇龍弾をどうしても当て身で取りたいなら、ダウンさせて起き上がりに密着し、しゃがみDを置いてくと誘えるので、起き上がりにしゃがみD→上段で取れる。

空破弾はスタート時の間合いでレバーのみ入力して様子をみているとたまにやってくる。
赤ゲージなら超裂破弾が来るので「超!」と聞こえたらすぐ上段を出せば取れる。

●不知火舞
離れた間合いでジャンプBで飛び込むとHIT・ガード・ライン逃げ
・バックダッシュ→花蝶扇のいずれか。
ライン逃げ・バックダッシュ→花蝶扇は仕切りなおし、HIT・ガードならしゃがみBx2(遠めから飛び込んだりして2回目がスカりそうなら1回で)→立ちD(雷光回し蹴り)で接近し、1テンポおいて真空投げを決める。以下繰り返し。
舞が赤ゲージだと立ちDの後に龍炎舞を出す確率が高いので上段も可能。

投げるなどで間合いが離れた際に起き上がりにダブルを重ねておくと、ムササビの舞が来ることがあるので上段で。
必殺忍蜂は舞の近くから逃げジャンプ攻撃を出すとやってくるので着地即上段で。
posted by あんほり at 00:00| Comment(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。